アトーニーズマガジン:弁護士の肖像

弁護士の肖像

アトーニーズマガジン 弁護士の肖像

日本のリーガルサービスを牽引する、著名な弁護士の素顔や仕事観・人生観をご紹介。

  • 松尾綜合法律事務所 弁護士 松尾 翼

    弁護士の仕事は、机上でする ものじゃない。現場を重んじ、 どんなにリスクがあっても辞さず、 逃げないこと。そんなタフな人材が もっと出てきてほしい

    記事を見る

  • 渥美雅子法律事務所 弁護士 渥美 雅子

    弁護士の仕事は、厳しくて 責任重大だけれど、それらを一つ一つ 乗り切って、さらには楽しんでほしい。 必ず、最高の景色が見えてくるから

    記事を見る

  • 骨董通り法律事務所 弁護士 福井 健策

    資源小国の日本にとって、知財、 コンテンツ政策は将来を決定づける 重要なもの。法律家が担うべき役割は、 社会的にとても大きい

    記事を見る

  • 光麗法律事務所 弁護士 村松 謙一

    「FOR OTHERS」-- 今ほど、この精神が求められている 時代はない。そして、これこそが 弁護士としてあるべき姿である

    記事を見る

  • 国広総合法律事務所 弁護士 國廣 正

    法律知識というよりは事実認定力と 論理により物事を説明する力。 そして倫理観。我々は、この本来的な “錨”を持ち続けなければいけない

    記事を見る

  • ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表 弁護士 土井 香苗

    志と情熱こそが、人間の原動力になる。 「やるべきだ」と思うことがあるのなら、 リスクを恐れず真っ直ぐ突き進むべき

    記事を見る

  • 牛島総合法律事務所 弁護士 牛島 信

    既成秩序に守られ、これまで支配してきた 爬虫類が滅び、新たな哺乳類の時代へ--。 弁護士業界は今、変革の時を迎えている

    記事を見る

  • はる総合法律事務所 弁護士 飯田秀郷

    強い興味や好奇心を沸き立たせ、 一つひとつの事件に徹底的に取り組む。 それが、法曹としての実力を上げていく 道である

    記事を見る

  • 鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼重和

    「これが弁護士の仕事」という“鋳型”を 外せば、そして社会常識を変えていけば、 我々が開拓できる新領域はいくらでもある

    記事を見る

  • TMI総合法律事務所 パートナー 葉玉匡美

    目の前の事件、人のために一生懸命尽くすこと。 仕事のクオリティを上げて、常に全力で臨む。 「独自性」はそこからしか生まれない

    記事を見る

  • 西村あさひ法律事務所 代表パートナー 松嶋英機

    この世界で問われるのは“人間の度量”。利害ばかりを考えず、大樹にも寄らず、あらゆる経験を積んでいくべき

    記事を見る

  • リンク総合法律事務所 弁護士 紀藤正樹

    ほかの弁護士ができない領域をやる。それが、僕の基本。誰かがやらなければ、社会は変わっていかないから

    記事を見る

  • 弁護士法人キャスト 代表弁護士 マネージングパートナー 村尾龍雄

    「ほかの人と差別化できる何か」を有していなければ、生き残れない時代。もっと、ハングリーになるべき

    記事を見る

  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所 国際法曹協会(IBA)会長 川村 明氏

    今、この時代こそ日本の弁護士はもっと世界に出るべき。そこには、必ずチャンスと仕事が待っている

    記事を見る

  • さくら共同法律事務所 弁護士 河合弘之氏

    弁護士ほど社会に役立てる仕事はない。大事にすべきは、自分の能力、意欲を見極め、本気でやること

    記事を見る

  • 髙井・岡芹法律事務所 弁護士 髙井伸夫氏

    労使問題に取り組むことは「人の心」に触れること。働き生きてゆくことの意味を探求し、社会に問い続ける

    記事を見る

  • 秋山幹男法律事務所 弁護士 秋山幹男氏

    自分を必要とする人の力になることができる。たった一人でも、訴訟や立法運動を通じて問題を提起し、社会の在り方を変えることができる。それが弁護士の魅力だ

    記事を見る

  • 郷原総合法律事務所 弁護士 郷原信郎氏

    市民社会、経済社会において法というルールをリードし、いかにして新たにルールを創造していくか。問題の本質と向き合ってその答えを導き出すのがこれからの弁護士に課された使命である

    記事を見る

  • 小野寺協同法律事務所 弁護士 小野寺利孝氏

    一人の被害者救済にとどまらず背後にいる多くの被害者を掘り起こし政策形成訴訟によって二度と同じ人権侵害を出さない社会構造への転換を図る

    記事を見る

  • 日比谷総合法律事務所 弁護士 川崎隆司氏

    日本経済、ひいては世界経済とつながる独禁法。その強化の歴史と共に歩み問題提起をしてきた、「中興の祖」

    記事を見る