開拓者たち:2009年3月号 Vol.8

開拓者たち

アトーニーズマガジン 開拓者たち

法律事務所、企業 、行政庁、NPOなどで働く弁護士たち。さまざまな分野へ挑戦し、新たな分野を切り開いている方々へインタビュー。仕事のやりがいや魅力をエピソードを交えながら、 ご紹介していきます。

新時代のWork Front

開拓者たち

三井物産株式会社
 弁護士 北川なつ子氏

グローバルビジネスの最前線で、ビジネスの仕組みの構想・構築に法律のプロとして寄与する

国内外に154の事業所を持つ総合商社、三井物産。同社法務部は、その国際的事業活動の法務面を担う。最近では、全社的ポートフォリオ戦略・投資方針を策定する「ポートフォリオ管理委員会」に法務部長も参加。経営ボードの意思決定に法務部の関与度は高まっている。中でもビジネス法務は同社の要。その役割を企画法務室室長・鳥海修氏に伺った。

「ビジネス法務を担当する第一~四室は、『営業部と共にビジネスを創造すること』がミッション。従って営業担当とチームワークを図りながら交渉をリードし、戦略的法務を行います。大きな事業投資案件の場合は、交渉初期段階から営業・財務・法務などが一体となって最小リスクの投資形態を模索。経営戦略や営業戦略も含めた総合的な事業戦略、意思決定のメカニズムに深くかかわります。そこで得られる達成感は非常に大きい。これが、当社の最大の特徴です」

総合商社ならではの「幅広さ」、営業との一体感がやりがい
このビジネス法務に法務第二室・主管として携わるのが、北川なつ子弁護士。北川氏は、濱田松本法律事務所(当時)で実務を経験した後、同社へ移籍を決断。一般の中途応募者と同様、試験を受けて入社した。

「私の仕事は、営業現場からの日常的な法律相談への対応、各種契約書の起案・交渉支援などです。紛争や訴訟が生じた場合は、訴訟弁護士を起用し、ともに訴訟戦略の立案も行います。当社は担当をエリアで分けるので、取り扱う商品もかかわる部署の数も、とても多いんです。例えば石油なら掘削から精製まで、鉄鋼だったら原料調達から製鉄まで……各段階で、担当部署も異なります。これは総合商社ならではですね。でもその仕事の幅の広さが、好奇心の強い私には合っているようです」...(以下略)
本文の続きは誌面にてご覧いただけます。
Lawyer's MAGAZINEのバックナンバーをお申込み下さい。
※バックナンバーは売り切れの号もございます。

■プロフィール

  • 北川なつ子 きたがわ・なつこ
  • 弁護士(2001年登録 54期)
  • ニューヨーク州弁護士
  • 1973年 生まれ
  • 1996年 慶應義塾大学法学部卒業
  • 1999年 司法試験合格
  • 2001年 弁護士登録、濱田松本法律事務所(現:森・濱田松本法律事務所)入所
  • 2004年 同事務所より、ニューヨーク大学ロースクールへ留学
  • 2005年 同LL.M. 修了、米国三井物産ニューヨーク本店 法務課へ出向
  • 2006年 三井物産本店法務部 第一室(国内担当)へ出向
  • 2007年 三井物産本店法務部へ移籍。法務第二室(米州担当)所属、現職
  • 法務第二室(米州担当)所属、現職。