弁護士を支える人々:2008年5月号 Vol.3

弁護士を支える人々

アトーニーズマガジン 弁護士を支える人々

様々な法律事務所で弁護士を支える、「ウチの事務所の頼れるスタッフ」をご紹介します。パラリーガル、秘書および管理事務など、弁護士を支えるスタッフの方々を通じて、「法曹界」での働き方を垣間見ます。

弁護士を支える人々

森・濱田松本法律事務所 REITセクション パラリーガルの皆さん

【主要担当業務】REITのデューディリジェンス(法務監査)補佐業務。
この4月からは新たに2名のメンバーが加わり10人体制になった。

8人がお互いにスキルを補完し情報を共有。皆でランチするなどチームワークは抜群です。

不動産投資信託(REIT)にまつわる業務範囲は、アセットマネジメント、キャピタルマーケット、証券化、レギュレーションなど実に幅広い。森・濱田松本法律事務所では以前から数多くの不動産投資信託の案件を扱ってきたが、関係スタッフの持つ知識・経験をより組織的に機能させるため、2008年1月にREITセクションが新設された。 3月現在、この部署で働くパラリーガルは8人。その中で唯一、弁護士秘書経験を持つのが稲垣さんだ。 「4年間、REITを担当する弁護士の秘書をしていました。弁護士とコミュニケーションを密にしながらサポートしていく仕事にやりがいを感じていましたが、総合力が求められ、自ら先頭に立って業務を遂行していく今の仕事には以前とは違った魅力があります」 また、パラリーガルとして主にREITやM&Aのデューディリジェンス補佐に携わっていた川端さんは、「パラリーガルとしての専門性を高めたいと思っていた矢先、より幅広い知識と質の高い成果が期待されるREITセクションが新設されると聞いて、挑戦してみたいと思ったのです」と、この仕事に対する意気込みを見せる。 メンバーは、それぞれが培ってきた知識、スキルを共有しながら、REITを担当する弁護士のサポートをしている。「新しい部署なので、まだ試行錯誤の連続ですが、ランチタイムをうまく使うなどしてメンバー間の情報共有を心がけています。おかげでチームワークは抜群。ゼロから自分たちで仕事をつくり上げていくという醍醐味が味わえるのも、やりがいのひとつです」(稲垣さん) 「これまで弁護士と直接やり取りする機会が少なかった私の課題は、弁護士と上手にコミュニケーションを図ること。秘書経験がある稲垣さんから、弁護士の行動や置かれた状況を見て、“今、自分は何をすべきか”瞬時に察知するコツを教えてもらっています」(川端さん) セクション誕生から約4カ月。最後に、ハードな仕事と上手に付き合うための秘けつをふたりに聞いてみた。 「週末は、学生時代から続けているジャズダンスでリフレッシュ。オンとオフをしっかり切り替えてこそ、新たなことに挑むパワーが生まれると思っています」(稲垣さん) 「有給休暇を利用してよく旅行に行きます。今の業務は自分の責任とペースで進めることができますから、仕事もプライベートも充実しています」(川端さん)