一覧に戻る TOPへ戻る

転職事例:CASE17

My Life 既に先輩弁護士たちは自分の弁護士像を確立いたしました。

転職成功体験談

CASE 17|弁護士(40代半ば・男性)

自分の可能性を広げるキャリアアップを実現

●著名企業の法務部員として勤務しながら、司法試験に合格。
●法律事務所で数年勤務した後、部品メーカーのインハウスローヤーを経て、超大手メーカーのマネージャーとして、国際法務に携わりつつ、後進の指導役としても期待されている。

転職経緯およびコンサルティング

●法律事務所から1つ目の企業に転職される時からのお付き合いで、今回は更なるキャリアアップを希望され、再度のご相談があった。
●そもそも企業内法務部員としても十分なキャリアがあり、弁護士資格取得後も順調に経験を積まれ、当初の目標であった管理職へのステップを目指すことを確認。
●既にある求人のご案内の他、当時募集の無かったいくつかの企業にも売り込みをかけ、その中から更にキャリアアップの見込めそうな企業の国際法務マネージャー職に決めていただきました。

転職成功のポイント、本人の感想

●弊社及び担当エージェントに全面的に任せていただけたことによって、当時募集の無いクライアント企業への積極的な売り込みができたこと。
●転職候補者の理解の深さのみならず、クライアント企業との信頼関係の深さが功を奏した。
●入社後すぐに活躍されており、更なる人材募集を行うことになり、弊社のみが扱うシークレット案件となっております。