弁護士の肖像:2019年1月号 Vol.67

弁護士の肖像

アトーニーズマガジン 弁護士の肖像

日本のリーガルサービスを牽引する、著名な弁護士の素顔や仕事観・人生観をご紹介。

※掲載記事の内容は取材当時のものです。

Human History

弁護士の肖像

経済産業省 通商政策局 通商法務官 米谷三以

自分が役に立てることは何か? 試行錯誤の末、通商法務の道へ進む

 中国が、ハイテク産業などに欠かせないレアアースの輸出を規制し、「日本の製造業が危うい」と騒がれたのは記憶に新しい。WTO(世界貿易機関)に訴えた論戦をリードし、その撤廃を勝ち取った立役者の一人が米谷三以である。当時、経済産業省国際法務室長だった米谷は、現在、2017年4月に新設された同省通商法務官を兼務する。1990年代半ばに飛び込んだ通商の世界は、弁護士にとって今もなお〝マイナー〞なフィールドだ。米谷はその仕事を通じて、法律家の〝可能性〞〝すべき仕事〞がまだまだ多く残されていることを、体現してもいる。

 64年に、東京で生まれました。小学校3年の時に、父親の転職で、家族で能登に引っ越しましたが、わずか3カ月で父親が交通事故で寝たきりになってしまったため、両親の実家のある富山県の高岡市で暮らすことになりました。小学3年から高校までそこで過ごしたので、周囲には「高岡出身」と言っています。進学した県立高岡高校では、囲碁部に入って全国大会に出たり、友人に誘われてコーラス部に転部したりしました。
 法学部に行こうと考えたのは、親の影響です。父親が弁護士になりたかったと小さな頃から聞いていたからでしょう。事故で首から下を動かせなくなっても不運を嘆く言葉ひとつ言わなかった父に、「東大に受かったよ」「司法試験に合格したよ」と生前に報告することができ、ささやかな親孝行ができたかなと思っています。

 成績が教師にも太鼓判を押されるレベルだった米谷は、82年、東京大学文科一類に合格を果たす。そこでは〝田舎者〞ぶりを自覚し気後れしたが、都会暮らしに慣れるに従い麻雀に明け暮れる日々に。司法試験の突破に向け、学びのモードに立ち返ったのは、3年生になってから...(以下略)

渉外事務所で日本初の案件を担当。そして行政の世界へ

 司法修習を終えた米谷は、89年、長島・大野法律事務所に就職する。そこで携わったのは、日本に進出してくる海外企業や、対外進出する日本企業のサポート、希望どおりの「国際的な幅広い企業取引に関する業務」だった。だが、現実は甘くない。そもそも英語が得意でなかったこともあり、自ら選んだ道にもかかわらず、それらの仕事には「向いていないことを実感する毎日だった」という。転機が訪れたのは、91年のことだ。日本政府が、初めてアンチダンピング(AD)関税の発動を検討するという事件にアサインされたのである。

 長島・大野では長島安治先生に最もお世話になりました。1年目の終わりに退職を申し出たくらい仕事ができなかった私を、長島先生自ら、「辞める前に一通り仕事を見ていきなさい、自分が面倒を見るから」と指導してくださいました。企業法務からは結局離れてしまいましたが、一流の弁護士はどうあるべきかを教えていただきました。またそのまま辞めていたら転機になった事件に出合えなかったでしょう。
 その案件は3年目の冬、ある鉱産物が不当に安く輸入されているという訴えが国内の業界からあって、政府が事実関係を調査するという状況になったのです。その調査にいかに対応するかが依頼でした。私の任務は、輸出側の代理人として伊集院功先生を補佐し、不当廉売でないと国に認めてもらうことで...(以下略)

■プロフィール

  • 経済産業省 通商政策局 通商法務官 米谷三以

  • 1964年3月22日東京都生まれ
    1986年10月司法試験合格
    1987年3月東京大学法学部卒業
    1989年3月司法修習修了
    4月弁護士登録 ※現在非登録(第一東京弁護士会・41期)
    長島・大野法律事務所入所
    1995年5月ミシガン大学 ロースクールLL.M.卒業
    7月ステップトゥー・アンド・ジョンソン法律事務所入所
    1996年9月通商産業省課長補佐
    1998年9月世界貿易機関(WTO)法律部法務官
    2002年9月経済産業省 通商政策局 通商機構部
    通商交渉調整官・通商法務調整官
    2003年11月西村あさひ法律事務所入所
    2004年4月法政大学大学院法学研究科教授(~2017年3月)
    2008年10月経済産業省 通商政策局 通商政策課 国際法務室長
    2015年11月西村あさひ法律事務所再入所
    2017年4月経済産業省
  • 定期購読のお申込みはこちら
  • いつかは転職したい方はこちら
  • 転職支援サービスに今すぐ申し込む

お電話でのお問い合わせはこちら 03-4550-0095

株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社への
お問い合わせはこちら03-4550-0095
受付時間 9:30〜18:30(土日祝日除く)

C&Rグループのネットワークから得られる、独自求人をご紹介!

  • 独自求人含め、求人を多数閲覧可能
    会員登録をして求人を見る
  • 登録済みの形はこちらから
    弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

C&Rグループのネットワークから得られる、
独自求人をご紹介!

独自求人含め、求人を多数閲覧可能

会員登録をして求人を見る

独自求人含め、求人を多数閲覧可能

弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp
ページTOP