アトーニーズマガジン:弁護士の肖像

弁護士の肖像

アトーニーズマガジン 弁護士の肖像

日本のリーガルサービスを牽引する、著名な弁護士の素顔や仕事観・人生観をご紹介。

  • 日本組織内弁護士協会(JILA)理事長 榊原美紀

    インハウスローヤーの先駆者として、ダイバーシティーを推進し、経済界を変革していければ、真の意味で日本社会に法の支配を実現することができる

    記事を見る

  • 名取法律事務所 名取勝也

    グローバル企業でのジェネラル・カウンセルの経験に基づいて、顧客とともに最後まで最善を尽くしきる---。常にその姿勢を貫いてきた。

    記事を見る

  • 西村あさひ法律事務所 水島淳

    例えば「宇宙ビジネス」の法整備は始まったばかり。 産業構造激変の時代、弁護士の仕事はこれからますます面白くなる

    記事を見る

  • 井戸謙一法律事務所 井戸謙一

    法曹は、与えられた資格の社会的意義を十分に理解し、胸に刻むべきだと思う。 そして、自分が正しいと信じることを貫いてほしい

    記事を見る

  • 高橋三兄弟法律事務所 高橋伸二

    自他の自由を希求しながら、 すべての不自由と闘い続けてきた。自分の仕事が、人々を幸せにし、 世の中、社会にも貢献する。 それこそが弁護士のやりがい

    記事を見る

  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 三村藤明

    どんなに困難な状況でも、言い訳をせず、全力を尽くす。 本当に価値のある経験や学びは、そこからしか得られない

    記事を見る

  • 大谷&パートナーズ法律事務所 弁護士 大谷美紀子

    「本当にやりたいこと」があるのなら、思いを表明し、努力し続けること。そうすれば、望むチャンスは必ず巡ってくる

    記事を見る

  • 西村あさひ法律事務所 弁護士 武井 一浩

    “イシュー” を特定し、 物事を前に進める創造力が 弁護士の社会的付加価値。 新たなソリューションの提供が 経済の成長戦略実現にも生きる

    記事を見る

  • 矢吹法律事務所 弁護士 矢吹 公敏

    「Noblesse Oblige」という言葉を我々弁護士は胸に刻むべき。人との出会いとその縁を大切にし、常に勉強を怠らなければ、最高の人生に自然と近づいていく

    記事を見る

  • 新外交イニシアティブ 事務局長 弁護士 猿田 佐世

    一部の日本人が、米国の声を利用しながら自ら望む政策決定を日本で行っていく。そんな構造にアメリカの法律を変えた弁護士の力で挑みたい

    記事を見る

  • 新千代田総合法律事務所 前日本弁護士連合会会長 弁護士 村越 進

    弁護士は食えない、魅力がない?「人権の擁護」「社会正義」を堂々と掲げつつ、人の役に立ち、喜ばれる。こんなに素敵な職業はほかにない

    記事を見る

  • 松竹株式会社 代表取締役社長 弁護士 迫本 淳一

    柔軟な発想に立てば、社会的紛争解決だけでなく、もっと様々なことに挑戦できる。それが、弁護士という職業における最大のメリットである

    記事を見る

  • 曾我法律事務所 弁護士/ニューヨーク州弁護士 曾我 貴志

    将来予測は難しい。ビジネスロイヤーに必要なのは、目前のニーズを察知する力、出会いを大事にすること

    記事を見る

  • 日比谷パーク法律事務所 弁護士・元最高裁判所判事 濱田 邦夫

    法曹は、非常に大きな可能性を持つ世界。信念と勇気を持って仕事に臨めば、人や社会に貢献するような働きが、必ずできる

    記事を見る

  • 番法律事務所 弁護士 番 敦子

    様々な仕事、経験をしてこそ自分の適性が浮き彫りになる。そして、あとはとことん極める。懸命にやったことは、必ず人生を豊かにしてくれるから

    記事を見る

  • 山田・尾﨑法律事務所 弁護士 山田秀雄

    法律に精通し、文章が書けて、高い交渉力を有している 。弁護士はポテンシャルに満ちた夢のある職業だということを、もっと自覚するべきである

    記事を見る

  • 熊本中央法律事務所 弁護士 板井 優

    人権は 私をあなたと同じに扱いなさいということ。法廷に籠ることなく世の中の〝仕組み〞を変えてこそ、それは実現できる

    記事を見る

  • ミネベア株式会社 代表取締役 社長執行役員 弁護士/ニューヨーク州弁護士 貝沼由久

    仕事も人生も、 こうだと決めてしまった瞬間に、行く道を狭めるリスクが生じる。もっと、選択の幅や視野を広げるべきである

    記事を見る

  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士 城山康文

    どのような環境であっても、自分のキャリアは自分で決めるという気概を持てるかどうか。そして、実直にやり続けていれば、必ず運は巡ってくる

    記事を見る

  • さくら共同法律事務所パートナー・ ゴルフジャーナリスト 弁護士 西村國彦

    過当競争が進むなか、 武器になるのは専門性。 つまり、自分にしかできない仕事で 勝負しなくてはならない 時代が来ている

    記事を見る