弁護士の肖像:2017年11月号 Vol.60

弁護士の肖像

アトーニーズマガジン 弁護士の肖像

日本のリーガルサービスを牽引する、著名な弁護士の素顔や仕事観・人生観をご紹介。

※掲載記事の内容は取材当時のものです。

Human History

弁護士の肖像

高橋三兄弟法律事務所 高橋伸二

畑仕事で家を支えた少年時代。就職後、 学ぶことに目覚める

「高橋三兄弟法律事務所」。わかりやすく、ユーモラスでもあり、一度聞いたら忘れない。こんなユニークな〝看板〞は、この業界ではちょっとないのではないか。〝主〞である高橋伸二は、小学生の頃から、後に同じ法曹の道を歩むことになる弟たちを束ね、生活のため農作業に勤しむ日々を送る。そんな境遇に置かれたのは、父親が農協の組合長や県会議員として、農村・農民運動に打ち込んでいたためだった。だが、そんな生活を嘆く気持ちも、親を怨むような感情も、今に至るまで抱いたことは一度もない。
生家は、世界遺産になった富岡製糸場のある群馬県富岡市の山あい、旧額部村の農家でした。太平洋戦争が勃発した年、1941年に生まれたので、小学校は新制の第1期生なんですよ。5男1女の次男だったのですが、兄は体が弱かったため、実質的な立場は長兄です。
戦前は素封家の大地主だった高橋家も、戦後の農地解放で、残ったのは自給自足がやっとといった程度の山肌に張り付くような畑でした。つくっていたのは、大麦、小麦に芋や野菜。そこを耕し、作物を収穫するのは、私と弟たちの役目でした。学校を終えてから、休みの日は朝から晩まで、土と格闘です。そうしないと、一家が食べるのに困ってしまうからにほかなりません。父親は、若い頃に家出して…(以下略)

トラブルを乗り越え 地元で弁護士に。 若き行動力が評判に

司法試験の勉強に本腰を入れ始めたのは、意を決して会社を辞めた大学4年の夏からである。「貯めたお金は1年で底をつく」という背水の陣を自らにした高橋は、大学に答練などに出かける以外は3畳1間のアパートの自室に籠り、こたつ板の勉強机に、文字通りかじりつく。〝眠くなったらそのまま倒れる〞1日の勉強時間は、正味20時間。階下のトイレに行く暇も惜しんで、傍らに置いたやかんで小用を足すという、まさに〝壮絶な闘い〞だった。とはいえ、計画通り1年で、当時最終合格率が2%に満たなかった難関を突破するなど、誰が想像しただろうか。66年、25歳の秋に、チャレンジは実を結ぶ。「夜間部編入組」の見事な一発逆転勝利である。ところが、司法修習を数日後に控えた翌年3月、そんな高橋を予期せぬ悲劇が襲う。

合格を聞いた父はことのほか喜んで、私を県知事に紹介したほどでした。当時、ちょうど4期目の県議選が迫っていて、私も支援者たちと一緒に準備を手伝っていたのですが......。その父が、出馬目前に脳溢血で倒れ、あっけなく死んでしまった。64歳の若さでした。ショックに追い打ちをかけたのは、父親が残した多額の〝負債〞でした。
農民運動に打ち込んでいた父は、複数の関係者の連帯保証人になっていたのです。事業がうまくいかない兄の保証人にもなっていて、それらはほとんど返済不能の状況。総額2000万円、現在に換算すればざっと1億円にはなるでしょうか。なかには、たちのよくない街金からの融資もありました。
私も法律家の卵ですから、相続放棄すれば、それらの大半をチャラにできることは知っていました。でも、それでは高橋家の信用は、一瞬にして崩壊です。腹を括った私は、一人で全額を背負うことに決めました。
しかし、人間というのは現金なものです。私が司法試験に受かっていると知るや、強面だった債権者たちの態度は一変。「弁護士なら、借金は熨斗を付けて返してもらえるかもしれない」と思ったのでしょう。実際、多額の債務は、開業して3年ほどで完済しました。彼らはとても喜んで、ある高利貸しから「うちの事務所にかわいい子がいるから、嫁にどうか」と話があったほど。むろん丁重にお断りしましたが(笑)。

アクシデントに見舞われつつも、無事司法修習を終えた高橋は、年に開業し、まずは高崎市の法律事務所で9カ月、イソ弁を務める。独立して富岡市に個人事務所を開いた後、現在の高崎に拠点を移したのは、72年だった。
富岡に戻ったのは、亡き父の支援者たちの要請を受けて、県議選に出るためだったんですよ。この時、もし当選していたら、その後の人生はまったく…(以下略)

続きをご覧になりたい方は、バックナンバーをお取り寄せ下さい。すでに在庫がない号もありますので、予めご了承下さい。

■プロフィール

  • 高橋三兄弟法律事務所
  • 弁護士
  • 高橋伸二
  • 1941年2月25日 群馬県富岡市生まれ
    1960年3月 甘楽農業高等学校 (現富岡実業高等学校)卒業
    9月 プロボクサーライセンス取得
    1961年4月 日本鋼管株式会社 (現JFEエンジニアリング)入社
    1966年3月 中央大学法学部卒業
    10月 司法試験合格
    1969年4月 司法修習修了 弁護士登録(群馬弁護士会・21期)菅沼合同法律事務所入所
    1970年2月 高橋伸二 法律事務所開設
    1988年4月 高橋三兄弟 法律事務所に名称変更
    2011年4月 旭日中綬章受章
  • 定期購読のお申込みはこちら
  • いつかは転職したい方はこちら
  • 転職支援サービスに今すぐ申し込む

お電話でのお問い合わせはこちら 03-4550-0095

株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社への
お問い合わせはこちら03-4550-0095
受付時間 9:30〜18:30(土日祝日除く)

C&Rグループのネットワークから得られる、独自求人をご紹介!

  • 独自求人含め、求人を多数閲覧可能
    会員登録をして求人を見る
  • 登録済みの形はこちらから
    弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

C&Rグループのネットワークから得られる、
独自求人をご紹介!

独自求人含め、求人を多数閲覧可能

会員登録をして求人を見る

独自求人含め、求人を多数閲覧可能

弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp
ページTOP