Vol.13
HOME事務所探訪さくら共同法律事務所
  • ご意見・ご感想はこちら
  • 無料 転職支援サービスに今すぐ申し込む
  • 無料メンバー登録 将来のために情報収集をスタート
  • 弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

前列左より、竹内康二弁護士(22期)、河合弘之弁護士(22期)、西村國彦弁護士(28期)、松尾慎祐弁護士(49期)。中列左より三島慶太郎弁護士(60期)、安部史郎弁護士(新60期)、藤田弓子弁護士(59期)、後藤千惠弁護士(59期)、矢野亜紀子弁護士(新60期)、鞠子千春弁護士(新60期)、丸田由香里弁護士(59期)、室谷和宏弁護士(新60期)、渡辺和也弁護士(57期)、髙野裕之弁護士(56期)。後列左より白日光弁護士(57期)、松井清隆弁護士(46期)、佐藤和樹弁護士(59期)、山脇康嗣弁護士(新60期)、今井知史弁護士(59期)。企業、個人、行政機関などにより依頼者を区別することなく最善のリーガルサービスを提供することを理念とし、目の前の依頼者のために全力を尽くす姿勢が徹頭徹尾守られている

前列左より、竹内康二弁護士(22期)、河合弘之弁護士(22期)、西村國彦弁護士(28期)、松尾慎祐弁護士(49期)。中列左より三島慶太郎弁護士(60期)、安部史郎弁護士(新60期)、藤田弓子弁護士(59期)、後藤千惠弁護士(59期)、矢野亜紀子弁護士(新60期)、鞠子千春弁護士(新60期)、丸田由香里弁護士(59期)、室谷和宏弁護士(新60期)、渡辺和也弁護士(57期)、髙野裕之弁護士(56期)。後列左より白日光弁護士(57期)、松井清隆弁護士(46期)、佐藤和樹弁護士(59期)、山脇康嗣弁護士(新60期)、今井知史弁護士(59期)。企業、個人、行政機関などにより依頼者を区別することなく最善のリーガルサービスを提供することを理念とし、目の前の依頼者のために全力を尽くす姿勢が徹頭徹尾守られている

STYLE OF WORK

#19

さくら共同法律事務所

紛争処理型では国内トップクラスの実績を有する いかなる難案件も全力で挑む気概に満ちた法律事務所

知財法、独禁法など企業法務をワンストップで解決。紛争処理案件が全体の約6~7割を占める

さくら共同法律事務所
アソシエイト弁護士が相談案件を個人で受任することも基本的に可能。業務スケジュールなども各弁護士に任され、パートナー弁護士がアソシエイト弁護士を細かく管理するようなことはない。若手弁護士の自由と自主性を尊重することで、実力が早くつけられる環境になっている

事業再生、倒産法を得意とする法律事務所として、広く認知されているさくら共同法律事務所。「血わき肉躍る毎日が約束されている」とパートナーの河合弘之弁護士(22期)が語るように、事務所の特色の一つは訴訟等紛争処理案件の豊富さにある。紛争処理案件は事務所全体の約6~7割を占め、その案件数は国内でもトップクラスの規模を誇る。

手がける分野も、パートナーの竹内康二弁護士(22期)が得意とする国際倒産法などの国際取引関係をはじめ、集団的債務処理、債権回収、会社法関係、特許・商標・知的所有権関連から個人の離婚、相続までと多彩な案件を網羅しており、「3年間、当事務所で仕事をすれば、弁護士として確実に一人前になれるだけの経験が積める」(河合弁護士)というほどだ。

弁護士数は総勢29名の中規模事務所だが、各弁護士が得意分野を生かし、会社法から知的財産、独占禁止法の分野まで、企業が抱える訴訟問題をワンストップで解決している。

さくら共同法律事務所
「自由な雰囲気があり、何かあればすぐに同僚や先輩に聞きにいけます。後輩からやり方や考え方を聞かれることもあります。頼ることもあれば、頼られることも多い。縦も横もつながりは良好です」(白弁護士)

在籍弁護士の訟廷日誌には30分刻みで予定がびっしりと詰まっているといい、弁護士たちが廊下で歩きながら打ち合わせをする脇を、法廷帰りの弁護士が横切るといったせわしない光景が日常とのこと。さらに同事務所では、新人弁護士も入所後すぐから小規模案件を与えられ、実践を積んでいく。必要な時には先輩弁護士のサポートを仰ぐが、あくまでも自身の案件として中心になり動かしていくというOJT方式で、自ら考え行動する精神が養われるという。

現在、事業再生の分野で活躍する松井清隆弁護士(46期)も、同事務所に新卒として入所した一人だ。いったん退所して2年ほど産業再生機構で勤務し、そこで学んだ知識を持ち帰り、同事務所の企業法務分野をけん引する。

「中小企業を中心に私的整理を数多く手がけているのは、当事務所ならではの特徴です。この分野は法整備が進んだことにより、今後さらに案件の増加が見込める一方、実務経験を積んだ人材や会計知識の豊富な人材が不足している分野でもあります。今後は後進の弁護士を育てながら、当事務所の看板分野としていきたいと思っています」(松井弁護士)。このような案件によりスムーズに対応すべく、後藤千惠弁護士(59期)のように、公認会計士の資格を有する弁護士も出始めてきているという。

さくら共同法律事務所
同事務所に入所後、1年目から数多くの倒産案件に携わってきたという松井弁護士。2003年から2年間、産業再生機構に勤務し、「第一線で頑張っている方に教えを受け、事業再生に弁護士がかかわる意義を十分に学んだ」と語る

同事務所のもう一つの特色が、25年来取り組んでいる中国残留邦人の国籍取得支援や、日系フィリピン人の国籍取得支援などの社会貢献活動だ。業務全体の1~2割程度をこうした活動に充てており、個々の弁護士の自主性に任せているものの、白日光弁護士(57期)や山脇康嗣弁護士(新60期)など若手弁護士も積極的に参画しているという。

仕事のやりがいを河合弁護士はこう語る。「弁護士の能力とやる気で、結果を変えられる事件は全体の3割強。そこにこの仕事の面白さがある」。いかなる難案件でも粘り強く対応する気概がある法律事務所だ。

  • さくら共同法律事務所
    地下には書庫を完備し、業務に必要な資料や書籍を取りそろえている。「書庫があり、資料や書籍類の数が多く、充実していることが当事務所を志望した理由の一つでした。情報へのアクセスがしやすいことは、弁護士にとってかなり魅力的です」(後藤弁護士)
  • さくら共同法律事務所
    裁判所にも徒歩圏内の、立地条件に優れたオフィスビルに居を構える。特定のチームを作らず、パートナーがアソシエイトの適性や能力を考慮しながらまんべんなく仕事を割り振る。「多様な弁護士、チームで仕事をすることで、お互いを敬う気持ちが自然と生まれます」(山脇弁護士)
  • さくら共同法律事務所
    修習生向けの事務所説明会の様子。会場に集まったたくさんの修習生に向けて「年齢、性別、出身大学など関係なく、依頼者にとってよりよい解決策を導き出すことに全力を傾けられる人を求めます」と熱いメッセージを送る採用担当の泊昌之弁護士(48期)と河合弁護士