Vol.14
HOME事務所探訪奧野総合法律事務所
  • ご意見・ご感想はこちら
  • 無料 転職支援サービスに今すぐ申し込む
  • 無料メンバー登録 将来のために情報収集をスタート
  • 弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

前列左より、遠藤由紀子弁護士(51期)、奧野善彦弁護士(18期)、藤田浩司弁護士(41期)。後列は左より、城處琢也弁護士(54期)、奥村佳生弁護士(55期)、内海雅秀弁護士(52期)、小池良輔弁護士(57期)。それぞれが志の高さを持ちながら、人の「和」や「輪」も重んじ、優れたチームワークで依頼者に最善のリーガルサービスを提供している法律事務所だ

前列左より、遠藤由紀子弁護士(51期)、奧野善彦弁護士(18期)、藤田浩司弁護士(41期)。後列は左より、城處琢也弁護士(54期)、奥村佳生弁護士(55期)、内海雅秀弁護士(52期)、小池良輔弁護士(57期)。それぞれが志の高さを持ちながら、人の「和」や「輪」も重んじ、優れたチームワークで依頼者に最善のリーガルサービスを提供している法律事務所だ

STYLE OF WORK

#21

奧野総合法律事務所

高い志を持って正義を貫き、市民の権利を第一とする。伝統ある「在野の精神」が今なお息づく法律事務所

事業再生、M&Aに強く企業法務全般を請け負う。教育や社会貢献活動にも力を入れる

奧野総合法律事務所
同事務所の精神を伝える言葉が施された同事務所の入り口の扉。「当事務所は、弁護士の仕事の質が高いと外部からも評価をいただくことが多いです。常に、高い志を持つ弁護士を育ててきたことの証しではないかと自負しています」(奧野弁護士)

事業再生、M&Aに強い法律事務所として広く認知されている奧野総合法律事務所。案件数では、企業の組織再編や事業再生などの案件や一般企業法務が中心となるが、個人依頼者からの案件も大切にしている。

「市民の権利を第一に考えた対応をすることが弁護士の仕事の基本であり、個人案件ではその基礎力が養えます。若手にもできる限り個人案件を担当してもらい、足腰の強い弁護士を育てるようにしています」と語るのは、所長の奧野善彦弁護士。内海雅秀弁護士も「個人案件では顧客とコミュニケーションを深めることの重要性を肌で学べます。それができれば、大型案件にも十分対応できると思います」と語る。

こうした方針は、同事務所の創設者である奧野彦六弁護士の「弁護士は高い志を持って、基本的人権の擁護と社会正義の実現に身命を尽くすべきである」という信念を礎としている。「弁護士は在野にて、愚直なまでに誠実さを通すという姿勢が当事務所の特徴であり、その精神を若い弁護士に伝えていくことが使命です」(奧野弁護士)。「所長と話して心が震えた」と小池良輔弁護士が入所当時を振り返るように、そうした精神に感銘を受け、高い志を持った弁護士が同事務所には入所している。

  • 奧野総合法律事務所
    「依頼者の希望に沿った解決を目指すのはもちろんですが、社会正義とのバランスも心がけ、依頼者の声に耳を傾け、解きほぐしながら本来あるべき解決に導いています」と語る遠藤弁護士
  • 藤田弁護士は現在、最高裁判所司法研修所教官を兼務する。同事務所では、弁護士会や各種団体、企業に積極的に人材を派遣。「法律事務所としての社会的責任を果たすと同時に、他業種の仕事の仕方や新しい文化を事務所に持ち帰ることができ、活性化につながっています」と藤田弁護士
奧野総合法律事務所
オフィス内の廊下には、所長の奧野弁護士が心酔しているという鑑真和上の絵が並ぶ。オフィス内には至るところに、こうした絵や書が飾られており、重厚な雰囲気を醸し出している

同事務所はチーム制によって仕事を進めており、その中で若手弁護士は多くを学んでいく。「案件の規模によりますが、4~5名の弁護士でチームを組むことが多いです。メンバーは固定化せず、分野も幅広く経験できます」と藤田浩司弁護士。「一緒に仕事をしたことがない弁護士はいない」と奥村佳生弁護士が言うほど、所内での交流は活発。若手弁護士は幅広い案件を経験でき、希望する仕事を得るチャンスもある。

同事務所では、教育や社会貢献活動も法律事務所の使命と考え、積極的に取り組んでいる。その一つが顧問先など企業の方々を招いての研修会の開催だ。「会社法改正の解説などの企業経営に役立つような話から文化、科学、社会と幅広いジャンルの講演と、懇親会を兼ねた研修旅行です。顧客とのコミュニケーションを深めることが主な目的ですが、研修会の運営を通して、人に対する気遣いやいかに顧客に満足していただくかなど、さまざまなことが学べます。また、若手弁護士による発表の場を設けることにより、若手弁護士の良い育成・勉強の機会にもなっています」(奧野弁護士)。

  • 奧野総合法律事務所
    同事務所では、1人の弁護士に1名の事務局がつく。弁護士間だけでなく、スタッフとの交流も活発で、所内行事などは共に企画し、楽しんでいる。「当事務所の弁護士の仕事が高く評価を受けるのは、優れた事務局の支えによるところも大きいです」(奧野弁護士)
  • 奧野総合法律事務所
    お互いの顔が見え、すぐに相談できる風通しのよい風土。所内での行事も多く、イベントには仕事同様、力を注ぐ。「先日の弁護士の結婚を祝うパーティーでは、合唱団を組み本格的な合唱曲を披露しました。日本一合唱がうまい法律事務所かもしれませんね」(奥村弁護士)

法律事務所の社会的責任を果たすことにまい進している同事務所の今後の展望を伺ってみた。「世の中や技術の変化により法律問題も変わっていきます。そのニーズに合わせ新しい解決手法に挑戦していきますが、志を高くという精神は変わることなく持ち続けていきたいです」と藤田弁護士。

奧野弁護士は「事務所業務の中心である事業再生・企業法務についてはさらに専門性と質を高めていきたい。加えて、若手を採用し、教育することも法律事務所の使命。可能な限り、若い弁護士と仕事の感動を分かち合い、継承してきた精神を伝えていきたい」と語ってくれた。