Vol.18
HOME事務所探訪アテナ法律事務所
  • ご意見・ご感想はこちら
  • 無料 転職支援サービスに今すぐ申し込む
  • 無料メンバー登録 将来のために情報収集をスタート
  • 弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

左より大村恵実弁護士(55期)、林陽子弁護士(35期)、加城千波弁護士(38期)、金塚彩乃弁護士(57期)。キャリア7年目から25年目と差はあるが、所内はフラットでコミュニケーションにもキャリアによる壁がまったくない。互いに尊重し合い、強い信頼関係が出来上がっている

左より大村恵実弁護士(55期)、林陽子弁護士(35期)、加城千波弁護士(38期)、金塚彩乃弁護士(57期)。キャリア7年目から25年目と差はあるが、所内はフラットでコミュニケーションにもキャリアによる壁がまったくない。互いに尊重し合い、強い信頼関係が出来上がっている

STYLE OF WORK

#30

アテナ法律事務所

活躍のフィールドは、国内外を問わず多方面に広がる。弁護士の多彩なキャリア形成を応援する法律事務所

国際的に活躍する女性弁護士が揃う 若手を大切にする事務所

アテナ法律事務所は、現在所属している弁護士がすべて女性という特徴を持つ。設立者の林陽子弁護士と加城千波弁護士は、弁護士として駆け出しのころ、日本で働く外国人女性のシェルターをボランティアで共に支援。現在は、林弁護士は内閣府男女共同参画会議「女性に対する暴力専門調査会」委員や国連女性差別撤廃委員会委員に就任、加城弁護士も職場のハラスメント研究所副所長を兼任するというように、女性の権利問題に関する活動、その関連事件に継続的に取り組んできている。

アテナ法律事務所
「現在は公益的な仕事が多いですが、それが終わったら事務所の業務も拡大していきたい」と林弁護士
アテナ法律事務所
学生時代に林弁護士の仕事を手伝ったことが縁で同事務所に入所したという金塚弁護士は、「フランスに留学後、外資系の法律事務所にいましたが、林弁護士にあこがれていたので、一緒に働けたらすてきだなと思ったので」と入所時の思いを語る

若手の金塚彩乃弁護士は、林弁護士と共に育児休業差別事件などを手がけ、強姦(ごうかん)救援センターの登録弁護士として、社会的に被害に遭う傾向の強い女性の支援活動なども行っている。こうした活動について林弁護士は、「どんな事件でも紛争のもとにあるジェンダーの視点から現代の社会的、文化的に形作られた性差を明らかにし、今より一歩前に進める努力を続けています。また国際人権法をはじめとする国際法に強い事務所を目指しています」と語る。

しかしながら、「女性弁護士だけの事務所を作ろうと意図したわけではなく、クライアントも女性に限っているわけではない」と林弁護士は言い、取り扱い分野も民事、家事、刑事、労働の各種事件、知的財産法、渉外案件など幅広く、在東京の各国大使館からの依頼も多い。林弁護士は海外建築プロジェクトの契約書作成や、若手建築家への契約法の講座なども手がけており、加城弁護士は成年後見の事件も担当している。

国連で活動する林弁護士を筆頭に、国際的に活躍する弁護士がそろっていることも同事務所の特徴の一つだ。国内では数少ない日仏両方の弁護士資格を持つ金塚弁護士は、フランス法や仏語での渉外家事事件、渉外労働事件やフランス系企業の企業法務なども担当。またニューヨーク州弁護士資格も持つ大村恵実弁護士は、外務省が派遣するジュニア・プロフェッショナル・オフィサーとして、今秋よりジュネーブのILO(国際労働機関)本部に赴任する。

アテナ法律事務所
「国際的な視野を持ちつつ国内の課題に取り組むのが日本の弁護士の使命です」と語る大村弁護士

ILOに日本の弁護士が登用されるのは大村弁護士が初だ。「国連の委員をしている林弁護士や事務所の支援があればこそ実現できたと思っています」と大村弁護士が言うように、同事務所では若手のキャリアアップを積極的に支援している。その理由について林弁護士は、「日本はアメリカに次いで国連に分担金を出しているにもかかわらず、日本人の職員が少ないため国連からの情報が国内に入りにくくなっています。ですから若い日本人に国連でもっと活躍してほしいと感じていました。また、ロースクールの卒業生が増加している今、伝統的な法律事務所で働く以外に、弁護士が活躍できる場の選択肢も積極的に開拓していくべきではないでしょうか」と語る。

「林弁護士や加城弁護士は頼りがいがあり、何でも相談できて居心地がよい」と若手弁護士は口をそろえる。この雰囲気のよさは、「パートナーシップを大切に、透明な経理、若手の意見を尊重することを大切にしています」と林弁護士が語る運営方針の産物だ。そして、若手弁護士の成長を助け、さらなる飛躍のために背中を押してくれるのが居心地のよさの最大の要因だろう。

  • アテナ法律事務所
    「今度の国連の出張ではこの建築家の作品を見にいきたいと思っているのよ。大村さんも一緒に行かない?」「ILOに着任早々、休みの申請をしないといけませんね(笑)」こうした気取らず、和気あいあいとした会話が日常的に交わされている
  • アテナ法律事務所
    オフィスを銀座に構えたのは、「もっと楽しみを増やすため」というのが理由の一つとのこと。弁護士、スタッフはすべて女性。仕事と生活のバランスが取れる働き方ができる環境がある
  • アテナ法律事務所
    2009年には、設立3周年のパーティーを上野公園内のお茶室で80名のゲストを招いて開催したという