Vol.2
HOME事務所探訪アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
  • ご意見・ご感想はこちら
  • 無料 転職支援サービスに今すぐ申し込む
  • 無料メンバー登録 将来のために情報収集をスタート
  • 弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

写真左:アレッド・デイヴィス(マネージングパートナー・外国法事務弁護士)、写真右:中田順夫(パートナー・弁護士)

写真左:アレッド・デイヴィス(マネージングパートナー・外国法事務弁護士)、写真右:中田順夫(パートナー・弁護士)

STYLE OF WORK

#3

アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所

国や言語の壁を取り払ったレイアウト。日本ならではの独自性も打ち出したオフィス空間

プロジェクトファイナンスの領域ではリーグテーブルの常連!

アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
2008年7月に泉ガーデンタワーから六本木ヒルズへと移転。

1970年代から海外展開を進めてきたアレン・アンド・オーヴェリーが、日本に上陸したのは88年のこと。スタッフ数は日本事務所で80人、全世界では5000人にもおよび、とりわけプロジェクトファイナンスの領域では、リーグテーブルの常連として名を馳せる。

現在、入居する泉ガーデンタワー34Fのオフィス(08年7月移転)は、壁面が全面ガラス張りの開放的な空間。ワンフロア360平米のスペースに内外弁護士44名、スタッフ36名が働く。

「海外の法律事務所の場合、本国のヘッドオフィスが運営方針を決めることが多いのですが、当事務所では、外国人を含めた日本チーム全体でポリシーを決定します。そうしなければ、現地のマーケットになじむことができないからです」

アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
中田氏の執務室。どのメンバーもすぐに話をしに入りやすいよう、日ごろは、入り口は開け放したまま。

そう語るのは07年にパートナーとして同事務所に加わった中田順夫弁護士だ。「当事務所の一番の特色は、外国人と日本人の弁護士の関係の緊密さ。ここからくる組織の一体感・伸び伸びとした雰囲気は、オフィスのデザインにも反映されています」と、マネージングパートナーのアレッド・デイヴィス外国法事務弁護士も語る。専門領域ごとにデスクの配置がなされているが、個々のメンバーを隔てる壁はない。振り返ればチームのメンバーと常に話ができ、立ち上がればすぐに、別のチームにアドバイスや協力を求められる。こうした交流はメンバーとパートナー間も同様。ごく些細な質問から案件に対するアドバイスまで、メンバーとパートナーとのコミュニケーションも、開け放たれたパートナーの部屋越しにひっきりなしに行われる。

「ここでは、いきなりインターナショナルな環境にポンと置かれます。いやがおうにも、周囲からどんどん話しかけられ、打ち合わせを持ちかけられる。オープンスペースという環境が、メンバーの対応力・語学力、さらには人脈構築力を鍛えることに一役買っています」(中田氏)

  • アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
    オープンレイアウトは、法律事務所としては珍しい。
  • アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
    ロンドンを本部に、世界27都市にオフィスを持つ。

システム面では、「OMNIA」と呼ばれるグローバルネットワークが構築されており、オフィス外はもちろん、海外からでも蓄積された膨大な資料にアクセスできる。「OMNIA」の導入により、判例や案件記録等のペーパーレス化が促進され、図書室での資料探しの時間・労力も大幅に短縮。より効率的な事務作業が可能になった。

「インターナショナルな環境に適合するためのアイデアを積極的に採り入れていくのがうちのスタイルですが、海外拠点との内線番号制もその一つ。数カ国にまたがる案件での協業を簡易化するため、世界中のアレン・アンド・オーヴェリーのメンバーに、内線番号をダイアルするだけで、電話がつながるようになっています」(中田氏)

こうしたアイディアが現実的に機能するのは、定期的に行なわれる各国メンバーを集めた研修やレクリエーションを通じたリアルな交流があるからこそ。メンバー同士のコミュニケーションを活発にする仕組みも揃って運営することで、オフィス構造がさらに活きてくる。

  • アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
    メンバーがそれぞれ好きな漢字を一文字ずつ、「書」でデザイン化した。デザイン面からも和と洋の融合が図られている。
  • アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所
    メンバーが休憩するパントリー。オフィス内の一角に設えられる。