アトーニーズマガジン:弁護士の肖像

弁護士の肖像

アトーニーズマガジン 弁護士の肖像

日本のリーガルサービスを牽引する、著名な弁護士の素顔や仕事観・人生観をご紹介。

※掲載記事の内容は取材当時のものです。

  • 鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼重和

    「これが弁護士の仕事」という“鋳型”を 外せば、そして社会常識を変えていけば、 我々が開拓できる新領域はいくらでもある

    記事を見る

  • TMI総合法律事務所 パートナー 葉玉匡美

    目の前の事件、人のために一生懸命尽くすこと。 仕事のクオリティを上げて、常に全力で臨む。 「独自性」はそこからしか生まれない

    記事を見る

  • 西村あさひ法律事務所 代表パートナー 松嶋英機

    この世界で問われるのは“人間の度量”。利害ばかりを考えず、大樹にも寄らず、あらゆる経験を積んでいくべき

    記事を見る

  • リンク総合法律事務所 弁護士 紀藤正樹

    ほかの弁護士ができない領域をやる。それが、僕の基本。誰かがやらなければ、社会は変わっていかないから

    記事を見る

  • 弁護士法人キャスト 代表弁護士 マネージングパートナー 村尾龍雄

    「ほかの人と差別化できる何か」を有していなければ、生き残れない時代。もっと、ハングリーになるべき

    記事を見る

  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所 国際法曹協会(IBA)会長 川村 明氏

    今、この時代こそ日本の弁護士はもっと世界に出るべき。そこには、必ずチャンスと仕事が待っている

    記事を見る

  • さくら共同法律事務所 弁護士 河合弘之氏

    弁護士ほど社会に役立てる仕事はない。大事にすべきは、自分の能力、意欲を見極め、本気でやること

    記事を見る

  • 髙井・岡芹法律事務所 弁護士 髙井伸夫氏

    労使問題に取り組むことは「人の心」に触れること。働き生きてゆくことの意味を探求し、社会に問い続ける

    記事を見る

  • 秋山幹男法律事務所 弁護士 秋山幹男氏

    自分を必要とする人の力になることができる。たった一人でも、訴訟や立法運動を通じて問題を提起し、社会の在り方を変えることができる。それが弁護士の魅力だ

    記事を見る

  • 郷原総合法律事務所 弁護士 郷原信郎氏

    市民社会、経済社会において法というルールをリードし、いかにして新たにルールを創造していくか。問題の本質と向き合ってその答えを導き出すのがこれからの弁護士に課された使命である

    記事を見る

  • 小野寺協同法律事務所 弁護士 小野寺利孝氏

    一人の被害者救済にとどまらず背後にいる多くの被害者を掘り起こし政策形成訴訟によって二度と同じ人権侵害を出さない社会構造への転換を図る

    記事を見る

  • 日比谷総合法律事務所 弁護士 川崎隆司氏

    日本経済、ひいては世界経済とつながる独禁法。その強化の歴史と共に歩み問題提起をしてきた、「中興の祖」

    記事を見る

  • 弁護士・法学博士・ 野村證券株式会社顧問 高木新二郎氏

    日本の司法を内部から改革し、日本の事業再生を世界水準に引き上げ経済の活性化に貢献できる弁護士になるべく己を必要とする場で身を賭してたたかってきた

    記事を見る

  • 桜丘法律事務所 弁護士 櫻井光政氏

    「人のために、社会のために働くことを喜びと感じ、それを誇りにできる弁護士」でありたい。その思いをつなぎ、次世代の弁護士のあり方を考えられるリーダーたちを育成する

    記事を見る

  • TMI 総合法律事務所 弁護士 田中克郎氏

    「変わるべき」と感じたことは、自らの手で変えてきた。私心を捨て、弁護士の社会的責任という使命感のもとにビッグ・ビジネス・ロー・ファームを作り上げた

    記事を見る

  • 弁護士 社民党 党首 参議院議員 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、少子化対策、男女共同参画) 福島 みずほ氏

    社会の中で感じた「不安、不満、違和感」をつぶさずに、こだわり続けてきたから今がある。 弁護士で培った経験のすべてを生かし、「これも天職」と思って立法に取り組んでいる

    記事を見る

  • 中村合同特許法律事務所 弁護士・弁理士 中村 稔氏

    法律にかかわることはすべて、実地で学んできた。 いまだ、弁護士としては学び足りていない。 常に学び、常に考え、新しい発見をする。 それこそが弁護士の楽しみであり、生きがいだ

    記事を見る

  • 長島・大野・常松法律事務所 弁護士 長島安治氏

    「永続的なインスティテューションとしての組織を作り上げる」。 それは、弁護士が知識と経験を集積し、専門化を進めて社会の役に立っていくための手だてだった

    記事を見る

  • 新東京法律会計事務所 弁護士 佐藤博史氏

    最後は真実が勝つ場所、それが刑事法廷である。 それを信じて刑事弁護人として戦い抜いてきた

    記事を見る

  • のぞみ総合法律事務所 弁護士 矢田次男氏

    少年時代に抱えた「心の闇」が、人の弱さを知る検事、そして人の痛みを知る弁護士にしてくれた

    記事を見る