Vol.21
HOME事務所探訪セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
  • ご意見・ご感想はこちら
  • 無料 転職支援サービスに今すぐ申し込む
  • 無料メンバー登録 将来のために情報収集をスタート
  • 弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

左より池田彩織弁護士(49期)、ローラン・デュボワ外国法事務弁護士(フランス法)、ナタリー・ブエ弁護士(フランス弁護士)、桝田慎介弁護士(57期)。日本に進出する仏企業から厚い信頼を寄せられているデュボワ外国法事務弁護士をはじめ、英国留学、外資系企業でのインハウスロイヤーなど多彩な海外経験を持つ池田弁護士、渉外案件を数多く手掛け、英語に堪能な桝田弁護士、来日前は上海で多様な国際案件に携わってきたブエ弁護士など、国際派弁護士の精鋭組織である

左より池田彩織弁護士(49期)、ローラン・デュボワ外国法事務弁護士(フランス法)、ナタリー・ブエ弁護士(フランス弁護士)、桝田慎介弁護士(57期)。日本に進出する仏企業から厚い信頼を寄せられているデュボワ外国法事務弁護士をはじめ、英国留学、外資系企業でのインハウスロイヤーなど多彩な海外経験を持つ池田弁護士、渉外案件を数多く手掛け、英語に堪能な桝田弁護士、来日前は上海で多様な国際案件に携わってきたブエ弁護士など、国際派弁護士の精鋭組織である

STYLE OF WORK

#36

セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所

日仏の弁護士が互いの違いを熟知、尊重し合いながら両国のビジネス、文化の懸け橋として躍進し続ける

フランス企業と日本企業の架け橋となり、フランス企業の日本進出、日本企業の欧州進出をサポート

セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
来日当時と比較して変化したことは、日本人の法律に対する意識だと語るデュボワ外国法事務弁護士。「最近は、英語が共通語になってコミュニケーションが取りやすくなり、日本も国際的にオープンになったと思う」と振り返る

セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所(以下CVML)は、国内では唯一のフランス系法律事務所である。パリのCVMLのパートナーであるローラン・デュボワ外国法事務弁護士が、2006年に東京事務所を開設。「ファッション、食品、飲料メーカーから自動車のパーツメーカー、航空関係、IT関連など幅広い仏企業の日本進出をサポートしています。フランスのハイテクノロジー企業は数多く、日本進出や日本企業との提携を考えている企業も増えています。精密機器や自動車メーカーなど日本企業のフランス進出支援もしています」とデュボワ外国法事務弁護士は語る。

「在日32年間の実績に裏付けられた日本に関する豊富な知識と経験があるデュボワがクライアントと信頼関係を築き、日本人弁護士が日本法の観点からアドバイスをします。例えば、仏企業が日本で事業展開をする際、法律やビジネス上の慣習など日本独自の壁に突き当たります。デュボワと私たちのチームワークなら、日仏の違いを踏まえた的確な説明をすることができるので、クライアントの信頼を高められます」と池田彩織弁護士は語る。こうしたチームワークは、「各弁護士が自由に、かつ責任を持って議論することが要求されています」と桝田慎介弁護士が語るような風土によってはぐくまれる。それは、「例えば、フランス人は案件に関する書類をざっと見て、すぐに行動に移ろうとしますが、日本人は細部まで丹念に検証したうえで取り掛かろうとします。そうした仕事の進め方や考え方の違いを互いに受け入れ、良いところは取り入れています」というデュボワ外国法事務弁護士の姿勢が基盤となっている。

セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
外資企業からの労働法関係の相談なども多いという。「フランスと日本の労働慣行や意識の違いを理解し、仏企業にわかるよう日本の法律を説明するのが私たちの役割です」と語る池田弁護士

同事務所ではフランス人の弁護士研修生の受け入れにも積極的だ。日本での司法修習制度にあたるフランスの研修制度では、2年間のうち、6カ月の実地実務修習が単位として認められる。同事務所では研修生を毎年数名受け入れているが、CVMLのパリ事務所から依頼されるだけでなく、個人的に志願してくる研修生もいるという。「外国語、異文化を理解することは、日仏問わずこれからの弁護士には絶対に必要です」とデュボワ外国法事務弁護士が語るように、同事務所では日本にいながら日常的に異文化交流を図れることも魅力の一つだ。

このようにフランスの事務所でありながら日本のビジネス文化との調和を重視する同事務所の活動は、今後さらなる広がりを見せる。「昨年はM&Aの大型案件を4、5件担当し、知的財産分野の案件も増加しています。さらに今後は、日本からフランスや欧州へ進出する企業、欧州の資産や不動産購入などを考えている企業などを積極的にサポートしていきたいと考えています」と池田弁護士は展望を語る。

また、デュボワ外国法事務弁護士も、「パリ事務所にはジャパンデスクがあり、フランス法の資格を持つ日本人の弁護士と税務に精通したフランス人の弁護士が常駐しています。また、日本企業との豊富なビジネス経験を持つフランス人弁護士が東京事務所に参加する予定もあります。欧州進出を考える日本企業の支援体制を強化し、積極的に開拓していきたいと考えています」と同事務所の未来像を意欲的に語ってくれた。

  • セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
    パリ事務所のジャパンデスクとは、週に1回、電話ミーティングを行っている。お互いの今後の計画や予定などを話し合う。「今後、フランス進出を考える日本企業のクライアントが増えていけば、ジャパンデスクとのやりとりもさらに増えていくと思います」とデュボワ外国法事務弁護士
  • セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
    所内のコミュニケーションは英語や仏語で行うことも多い。スタッフも帰国子女や海外留学経験者など、語学堪能な人材がそろう。所内では弁護士とスタッフ、さらにフランスからの研修生が加わり会話も弾む。フラットな雰囲気だ
  • セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
    入所間もない桝田弁護士が、同事務所の印象として「文化的な香りがある」と語るように、所内にはエレガントな雰囲気が漂う。インテリアなどはデザイナーに発注し、特別にしつらえたという。フランス人の独特のセンスの良さを感じさせるたたずまいだ
  • セーヴェーエムエル外国法事務弁護士事務所
    執務スペースは広く、開放感がある。広い窓からの眺望はとても緑豊か。高さの低いキャビネットや部屋の仕切りにはガラスを用いるなど、個人の空間を大切にしながらも、コミュニケーションが図りやすくなるような工夫が随所に感じられる