法務最前線:2017年9月号 Vol.59

法務最前線

アトーニーズマガジン 法務最前線

経営そのものに深くかかわる企業法務部。現場からの相談に瞬時にかつ的確に判断することが求められる組織に必要なファクターとは、その精鋭が弁護士に期待することとは何か?各社の法務部長へ伺いました。

“インテグリティ”を根付かせて組織発展に貢献。法務の垣根を越える試みにもチームワークで挑む

法務最前線

GMOペパボ株式会社 法務部

〝インテグリティ〞を 大切にする企業に

レンタルサーバー、ネットショップ構築、ハンドメイドマーケットなど、多様な個人向けインターネットサービスを提供するGMOペパボ。法務グループの業務について、取締役経営管理部長の野上真穂氏に聞いた。「担当分野は大きく分けると3つです。1つ目は、10以上あるサービスの各担当から寄せられる法務相談の対応。2つ目は各種審査業務。3つ目はコーポレート・ガバナンスに関する業務。取締役会の運営や株主総会などの会社法関連の業務を含みます。リーガルリスク・マネジメントやコンプライアンス強化に社をあげて取り組むなか、それらを法務が担うようになりました。私たちはこれらの分野について担当を振り分けず、全員で取り組んでいます。手をあげればどの分野にも携われる、自分で仕事をつくっていける――そんな組織を目指しているからです」

野上氏自身、日々の業務を通じて感じた点や仕組みなどについて、自ら手をあげ、意見を述べながら改善を推進してきた。「年齢やキャリア、性別に関係なく〝チャレンジ〞を認め、個人の成長を応援する社風です」

取締役就任と同時に、CIO(チーフ インテグリティ オフィサー)という職務も与えられた野上氏。その背景を聞いた。「コンプライアンスをもう一歩進めて、時代によって変化する価値観を捉え、インテグリティ(真摯・誠実)を企業文化として根付かせていくこと、会社を適切な判断が行える組織に発展させていくことが、当グループのミッションに加わったのです」

「スクラム」を活用し チームワークを強化

同社では「スクラム」というチームビルディング手法を採用している。これはソフトウエアの開発手法の一種で「コミュニケーションを特に重視し、少人数で協力し合いながら、短期間で最大限の成果を達成する」というもの。もちろん法務も業務遂行時にフル活用している。「例えば年に1回のビッグプロジェクトである株主総会業務は、総務、IR、財務などの管理部門と、事業部門の社員が複数かかわります。私たち法務だけが主旨やタスクを理解するのではなく、プロジェクトメンバー全員がタスクの進捗などを共有することで、プロジェクトの動きを鈍らせることなく、スムーズに株主総会当日を迎えることができています。そのための基本は、ボードに付箋を貼ってタスクを見える化し、チーム全員で管理していくこと。ただしこれは、〝管理者〞が〝管理〞をするために行うのではなく、各人が課題に気づき、チーム全体の改善を促すためのツールです。ですので各人が進捗状況をチェックしながら、タスクを書いた付箋を自発的に貼り替えて進めています。スクラムのおかげでタスクに振り回されることなく、より専門性の高い業務にパワーを使える。ちなみに、日常業務でもスクラムを活用しており、残業時間が減るという二次的効果もあり、全体の生産性も高まりました」

同社法務グループの業務の特徴として、契約についていえば、「締結するまでと、その後どうやって契約に則った業務を行っていくか、そのためにどんな仕組みをつくるべきか」という、〝運用ルールの策定〞が求められる。日常的な法律相談のほかに事業をスムーズに推進するためのブレーン的な役割も要求されているわけだ。

最後に、今後どんな法務組織をかたちづくっていきたいかを聞いた。「法務だけではなく、様々な周辺分野にかかわるようになってきました。従来の法務業務に固執せず、柔軟に、しかし法律に携わる専門家としてのプロ意識を大事に、〝会社を一緒につくっていく〞という意気込みで取り組んでくれる仲間と働きたい。私はそう思っています。一人ひとりの専門スキルの向上はもちろん、関連部門を巻き込むようなプロジェクトを自ら回し、さらには社外に対しても影響をおよぼせるような人材が集う――そんなプロフェッショナル集団にしていきたいですね」

■企業概要

  • 設立:2003年1月
  • 資本金:1億5967万円(2016年12月末現在)
  • 所在地:〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町 26-1 セルリアンタワー
  • 従業員数:243名(2016年12月末現在)
  • URL:https://pepabo.com/

  • ■プロフィール

  • 野上真穂(のがみ・まほ)
  • GMOペパボ株式会社取締役 経営管理部長CIO(Chief Integrity Officer)
  • 2001年、新潟大学法学部卒業、07年、新潟大学法科大学院修了。09年、GMOペパボ入社。12年4月に経営管理本部法務チームリーダー、8月に同部法務部長に着任。13年、コーポレート部法務グループマネージャー、16年、経営管理部長(現任)、17年3月より取締役CIOも兼務。