弁護士の肖像:2008年5月号 Vol.3

弁護士の肖像

アトーニーズマガジン 弁護士の肖像

日本のリーガルサービスを牽引する、著名な弁護士の素顔や仕事観・人生観をご紹介。

Human History

弁護士の肖像

弁護士 東京大学名誉教授
 森・濱田松本法律事務所
 新堂 幸司氏

「他に行き場所はない」あきらめからそこに居続けた

民事訴訟法で日本を代表する法学者である。研究者になりたての頃、「民事訴訟法理論は誰のためにあるのか」という問題提起をした。また争点効理論など独自の理論を数々提唱。教鞭を執った東京大学では、1988年から90年まで法学部長も務めた。74年に筑摩書房から初版が出た著書『民事訴訟法』は幾度も改訂を行いながら版を重ね、今なお“読者のわかりにくいところをかみ砕いて説明しようとする誠意を感じる”という評がネット上で見られる。 民事訴訟法学会理事長、日弁連法務研究財団理事長、民事紛争処理研究基金理事長など、各種の要職も歴任。だが、新堂氏の口から出てきたのは意外ともいえる言葉だった。「研究が好きで研究者になったというより、“他に行き場所はない”というあきらめから、この世界に居続けただけですよ(笑)」 31年、愛知県生まれ。54年に東京大学法学部を卒業した新堂氏は、実は一度、就職をしている。後に社名を三菱レイヨンと変える、新光レイヨンへの入社だった。 「私が大学生だった頃は、まだ食糧不足の時代。苦学生でしたから、卒業後は給料のいい会社に入るのが至上命題のように考えていたんです」 就職の厳しい時代であったが、たまたま家庭教師をしていた先が、新光レイヨンの社長宅だった。 「当時は糸偏企業の絶頂期。この会社は給料の高さは上位に属する会社でしてね。今も覚えています。初任給は1万4200円。それはもう自分としては、『まずは、おめでとう』というところだったのです」 ところが、念願かなってようやく入った会社なのに、新堂氏は1週間ほどで退社を決意してしまう。 「社員教育を受けるため、2カ月間、新入社員20名ほどで広島県の工場の寮に寝泊まりして働くことになったのですが、8時の出勤でガシャっとタイムレコーダーを押すことにどうにもなじめませんでした。自分の時間を切り売りしている感覚が嫌だった。ここは違う、と思ったんです。それで、社長に謝りに行きました。会社を辞めてしまい、仕方がないから大学に戻ることにしました」 約1年間、浪人暮らしをし、東大法学部の助手になる。最初の1年間は商法の助手として働いたが、その後、「民事訴訟法の助手になれ」と言われた。 「初任給は9600円とだいぶ落ちましてね(笑)。でも不平や不満を言っている余裕などない。とにかく食っていくには、言われたとおりにやっていくしかないと思いました」 そしてついた先生は、日本の民事訴訟法学の泰斗(たいと)と言われた、兼子一先生だった。 偶然の民事訴訟法との出会い。だが、この偶然の出会いがなければ、後の自分はなかったと新堂氏は語る。 ...(以下略) 本文の続きは誌面にてご覧いただけます。 Lawyer's MAGAZINEのバックナンバーをお申込み下さい。 ※バックナンバーは売り切れの号もございます。1

■プロフィール

  • 新堂幸司 しんどう・こうじ
  • 弁護士 東京大学名誉教授
  • 森・濱田松本法律事務所 第二東京弁護士会(1992年登録)
  • 1954年 東京大学法学部卒業
  • 1958年 東京大学法学部助教授
  • 1968年 東京大学法学部教授
  • 1977年-1993年 東京都地方労働委員会公益委員
  • 1983年-1986年 民事訴訟法学会理事長
  • 1988年-1990年 東京大学法学部長
  • 1992年 東京大学法学部定年 退職
  • 1992年 東京大学名誉教授
  • 1992年 東海大学法学部教授
  • 1999年 東海大学法学部退職
  • 2004年 愛知大学法科大学院院長
  • 2007年 愛知大学法科大学院退職
  • 2007年 愛知大学法科大学院名誉教授
  • 財団法人日弁連法務研究財団理事長
  • 損害保険契約者保護機構理事長
  • 株式会社東京証券取引所社外監査役
  • 株式会社東京証券取引所グループ社外取締役
  • 森・濱田松本法律事務所
  • 〒100-8222 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
  • 電話 03-5220-1800(代表)