Vol.10
HOME事務所探訪一途総合法律事務所
  • ご意見・ご感想はこちら
  • 無料 転職支援サービスに今すぐ申し込む
  • 無料メンバー登録 将来のために情報収集をスタート
  • 弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

代表の水嶋一途弁護士(57期)と事務全般を担当している水嶋夫人。「企業や経営にかかわる仕事をしたかった」というのも弁護士を志した動機の一つ。現在、顧問先として上場企業、業界大手から中小、ベンチャー企業まで幅広く持ち、今後も顧問先を増やしていく意向

代表の水嶋一途弁護士(57期)と事務全般を担当している水嶋夫人。「企業や経営にかかわる仕事をしたかった」というのも弁護士を志した動機の一つ。現在、顧問先として上場企業、業界大手から中小、ベンチャー企業まで幅広く持ち、今後も顧問先を増やしていく意向

STYLE OF WORK

#14

一途総合法律事務所

戦略的アプローチで利用しやすい法律事務所に。 規模より質を重視したリーガルサービスを目指す

ユニークな経歴を持つ代表弁護士。事業再生など企業法務は現場で社員と一緒になって問題解決へと導く

一途総合法律事務所
「経営は大丈夫か、クライアントが来なくなったらどうしよう…日々、そんな心配の中でやっています(笑)」と水嶋弁護士。事務所の経営的にも次なる成長に向けさまざまな施策を思案している

「親しみやすく相談しやすい法律事務所をつくろう」という理念を掲げ、2007年に設立された一途総合法律事務所。そのオフィスは、青山一丁目駅から徒歩1分という好立地。扱う案件は、事業再生・倒産法務、労働法務といった企業関連から、離婚、相続、遺産分割といった個人の相談まで多岐にわたっているが、それは代表である水嶋一途弁護士(57期)が持つユニークな経歴に由来している。

大学卒業後、ゼネコンに入社するも不況下で断行されるリストラを人事担当者として目の当たりにして「自分自身に価値があり、人の役に立てる仕事をしよう」と弁護士の道へ。2004年、大型倒産・事業再生事件のエキスパートとして知られた当時の坂井・三村法律事務所に入所。そこで弁護士としての礎を築く。事業再生、倒産法務案件を今も扱うのは「大規模な管財事件など、現場に踏み込んで社員と一体になり悩みながら問題を解決する。そうした人間味あふれる現場に充実感を得られる」からと語る。そして前事務所の理解を得て独立を決意。現在、上場企業や業界大手などの顧問を含む企業関連の案件が6割。さらに、独立の起因ともなった個人からの相談が4割というバランスだ。これまでに築いてきた信頼関係も厚く、紹介案件が7割と多い。クライアントに徹底的に寄り添うことでも評価を得ている事務所だ。

一途総合法律事務所
クライアントの権利や利益を優先しクライアントと共に歩むという同事務所の理念は、坂井・三村法律事務所時代に一緒に仕事をした先輩方から学んだことそのものを土台にしている。多忙ゆえ最良のリーガルサービスを提供できない場合は依頼を受けないこともあるというのが同事務所の姿勢だ

一方で、新規クライアントへの戦略的なアプローチも積極的に試みている。まだまだリーガルサービスが社会全体に行き届いているとは言えない現状がある中、「どう利用していいかわからない方々により利用してもらえるように」という思いからだ。まずは立地へのこだわり。アクセスの良いハイセンスなレジデンスを選んだのも、信頼性を考慮してのこと。良質なクライアント層を獲得するという点でも効果がある。

インターネットの有効活用も同事務所の特筆すべき点だ。「弁護士も極論すればサービス業ですから、クライアントが何を求めていて、自分は何が提供できるのかということを常に考えています。自分から情報を発信していくことは、大事ではないでしょうか。ホームページなどを通じて、事務所の場所、リーガルサービスの内容、費用などを明確にアナウンスしています」。インターネットを通じた集客効果も表れてきている。さらに今後は、PCからモバイルへ移行することも予想。「その時代に合わせて、クライアントがどのようにアクセスしてくるかを考え、その場所に情報を置いていくべきだと感じています」

若く、感覚の鋭い経営者ならではのアイデア、戦略性と時代の流れをとらえる姿勢に満ちた新進気鋭の事務所なのである。

今後、弁護士の数も増やしていく予定ということで、展望を伺ってみた。「規模にこだわるのではなく、目の届く範囲で納得できるクオリティの仕事をしながら着実に事務所をつくっていきたい。なぜ弁護士になりたかったか、どういう仕事がしたかったかを忘れずに、事務所の方向性を考えていきたいと思っています」

  • 一途総合法律事務所
    家具やアート、照明などの工夫を凝らした事務所内。明るく、フレンドリーな雰囲気は来訪者を和ませる。「信頼感につながるので見た目のイメージも重視しました」
  • 一途総合法律事務所
    「親しみやすさ」を重視し、クライアントの話にじっくり耳を傾ける。「人が好きというのは子どものころから変わりませんね。大学時代もサークル連盟の大会運営をしたりとにかく人の役に立つために働くことが好きでした」。こうした姿勢が、同事務所の基本理念にもつながっている
  • 一途総合法律事務所
    インターネットをはじめとするメディアをうまく利用したマーケティング活動も同事務所の特徴の一つ。また、大学が主催する講座で講師を務めたり、コラムや書籍などへの執筆活動も積極的にこなしている